TCAP’S VIEW & INSIGHTS #006 / 社会的価値をどう測るか – ROEでもROIでもない”SROI”と、ソーシャルビジネスにおける効率性の罠 | TCAP SOCIAL BUSINESS REVIEW online

TCAP’S VIEW & INSIGHTS #006 / 社会的価値をどう測るか – ROEでもROIでもない”SROI”と、ソーシャルビジネスにおける効率性の罠

TCAP, ビジネスモデル/戦略/組織
他の記事を見る(記事一覧へ)≫

file0001893938572

事業のマネジメントにはKGI/KPIと呼ばれる測定指標が不可欠だ。
(*KGI:Key Goal Indicator, KPI:Key Performance Indicator)
営利企業では売上、利益率、ROE、ROI、在庫回転率など様々な指標が使われている。自社のパフォーマンスの良し悪しを判断する為には、定量的な比較が必要となる。

では、社会セクターやソーシャルビジネスの世界では、その成果をどのように、定量的にとらえればよいだろうか。もちろん、NPOはじめソーシャルビジネス事業者にとって売上や収入は、営利企業と同様に重要な指標になるだろう。

しかし、ソーシャルビジネスの目的は社会的価値の創出であることを忘れてはいけない。すると、営利企業と同じように収入・売上の規模、利益率等で事業のパフォーマンスを測るのは適切ではない、ということは理解できるはずだ。

ではどのように社会的価値や、ソーシャルビジネスのパフォーマンスを測ればよいか。

この問いには、既に一つの答えが用意されている。
SROIの挑戦
社会セクターの事業やソーシャルビジネス等、社会的価値創出を目的とする事業の指標として注目されているのが、SROI[Social Return on Investment](社会的投資収益率)だ。

SROIはサンフランシスコのベンチャー・フィランソロフィー・ファンドであるRoberts Enterprise Development Fund(REDF)が開発し、イギリスのthe new economics foundation(nef)と共に発展させたコンセプトで、以下の計算式で表される。

SROI = Net present value of benefits / Net present value of investment

分子のNet present value of benefitsは「生み出された社会的価値」を、分母のNet present value of investmentは「社会的価値を生み出す為に投入された価値」を表す。

つまり、「どの程度の価値が」「どの程度の投資によって」生み出されたかを測る指標ということになる。SROIではbenefitsとinvestmentの双方を金額換算することで、両者を比較し、比率を算出することを可能としている。

例えばあるプロジェクトで1,000,000円換算の社会的価値を、300,000円換算の投資で実現したとなると、SROI=1,000,000/300,000=3.0ということになる。もちろんこのSROIの数値が大きければ大きいほど、効率性が良い、「優良プロジェクト」ということになる。

これは、営利企業で一般的に使われるROEやROIの考え方に近い、”投資の効率性を測る指標”ということになる。
SROIは効率性を測る指標
社会セクターやソーシャルビジネスにおいても、投資に対してどの程度の価値が生み出されたかを測定することは重要だ。この効率性の意識が低いと、例えば、多くの支援者から集めた多額の寄付金を無駄に使ってしまうことになりかねない。

「より小さな投資でより大きな社会的価値を生み出すアプローチはないか」という視点は非常に重要であり、その意味でSROIは有効な指標と言える。

SROIについてもう少し説明を加えておくと、nefは単にSROIの計算式を考えただけでなく、どのように指標を設定、計測し、評価するかを一つのフレームワークとしてまとめている(nefからガイドが発行されている)。

特に、いかに社会的価値を数値化、定量化するかが書かれている部分は(本稿では詳述しないが)、社会セクターやソーシャルビジネスを担うあらゆる人たちにとって為になるはずだ。

社会セクター、ソーシャルビジネスにおいては、生み出された社会的価値を金額換算することが難しい為、特に費用対効果、投資対効果の分析が困難であった。(費用・投資は金額でとらえられるものの、社会的価値は金額換算しづらいので、両者を比較し比率を出すことが困難。)そんな中、登場したSROIは、社会的価値の金額換算によって投資対効果の算出を可能としている。その意味で、SROIは画期的なコンセプトと言える。

日本国内ではこの「SROI」という言葉の認知度はさほど高いとは言えないが、インターネットで検索するといくつかの記事をみつけることができる。数は少ないが、導入事例もあるようだ。

今後日本でも導入が進む可能性が高いSROIであるが、実はSROIには注意すべき点、意識していないと陥ってしまう「罠」があることを知っておく必要がある。

SROIの意味や、この「罠」を理解せずに、闇雲にSROIの導入に走ると大変なことになるのだ。

<続きは次のページへ>



1 2

Pages: 1 2

“TCAP’S VIEW & INSIGHTS #006 / 社会的価値をどう測るか – ROEでもROIでもない”SROI”と、ソーシャルビジネスにおける効率性の罠” への1件のフィードバック

  1. […] “TCAP’S VIEW & INSIGHTS #006 / 社会的価値をどう測るか  ROEでもROIでもない”SROI”と、  ソーシャルビジネスにおける効率性の罠” http://sbr.tcap.jp/?p=1317 […]

コメントを残す