TCAP’S VIEW AND INSIGHTS #004 / ソーシャルビジネス戦略論(後編) – 戦略策定プロセスと社会価値最大化の4つの戦略方向性 | TCAP SOCIAL BUSINESS REVIEW online

TCAP’S VIEW AND INSIGHTS #004 / ソーシャルビジネス戦略論(後編) – 戦略策定プロセスと社会価値最大化の4つの戦略方向性

TCAP, ビジネスモデル/戦略/組織
他の記事を見る(記事一覧へ)≫

TCAP_Column_SB_strategy_eyecatch

ソーシャルビジネスにおける戦略のゴールは「社会価値最大化と経済価値の最適化」

ソーシャルビジネス戦略論(前編)で、ソーシャルビジネスにおける戦略のゴールとは、社会価値最大化と経済価値最適化であると述べた。

ソーシャルビジネス戦略(前編)

今回は、社会価値最大化の戦略をどのように検討したら良いか、その戦略立案プロセスについて考えていきたい。
(本稿ではソーシャルビジネスをゼロから立ち上げることを想定した戦略立案プロセスを前提としている。既存事業の成長戦略策定については、また別の機会に述べていきたい)

TCAPの基本的な考えは、ソーシャルビジネスの戦略においては社会価値の最大化が第一にあり、それを実現する為に経済的価値の最適化を図るというものであるが、今回は特に社会価値最大化の考え方に焦点を当てた内容としたい。

ソーシャルビジネスにおける戦略立案プロセスの全体像

まず初めにソーシャルビジネスにおける戦略策定プロセスの全体象を見ていく。

戦略策定の大きな流れは、以下の順番となる。

①ミッション定義

②対象領域の検討

③戦略・ソーシャルビジネスモデル検討

もう少し詳しくステップを図解したものが、次の図である。

TCAP_Column_SB_Strategy_Step_1

①「ミッション定義」は戦略策定の前提となる組織のミッションを策定するプロセスだ。

②「対象領域の検討」でミッションに基づき、より詳細に対象とする社会問題を分解していく。
社会問題は複雑な要素が絡まって生じていることも多い。このステップで自らが取り組む社会問題の構造を解き明かし、全体を把握する。そして、社会問題のどの領域に手を付けるのかを決めていく。この手順は別稿を参照いただきたい。


TCAP’s Point of View #3 / 社会起業家に求められる”問題の構造化アプローチ” ? 「社会問題ツリー」を活用する

戦略・ソーシャルビジネスモデル策定のステップでは、まず②「対象領域の検討」で決定した取り組むべき社会問題領域に対して、打ち手の構造化を行い、自社が選択すべき打ち手を決定していく。

「戦略・ソーシャルビジネスモデルの検討」は、選択した打ち手をソーシャルビジネス化する作業だが、ソーシャルビジネスモデルそのものの検討に入る前に、まずどのような方向性で社会価値の最大化を図るべきかを検討するステップが必要となる。それこそが「社会価値最大化の戦略方向性策定」というわけだ。

以上が戦略策定の全体像となるが、全てのステップを本稿で取り上げることはできない為、今回はコアなコンセプトの一つである「社会価値最大化の戦略」に関して焦点を当てて先ず説明したい。

<続きは次のページへ>



1 2 3

Pages: 1 2 3

コメントを残す