TCAP’S VIEW&INSIGHTS #007 / ①<改訂版>ソーシャルビジネスモデル・フレームワーク / 今、ソーシャルビジネスモデル・フレームワークが必要な訳 – ソーシャルビジネスに特化した革新的フレームワーク | TCAP SOCIAL BUSINESS REVIEW online

TCAP’S VIEW&INSIGHTS #007 / ①<改訂版>ソーシャルビジネスモデル・フレームワーク / 今、ソーシャルビジネスモデル・フレームワークが必要な訳 – ソーシャルビジネスに特化した革新的フレームワーク

TCAP, ビジネスモデル/戦略/組織
他の記事を見る(記事一覧へ)≫

TCAP_SBR_SBMF_改訂版_eyecatch

ソーシャルビジネスモデルフレームワークの概要
さて、ここまででソーシャルビジネスモデルにおいて、何らかの定義が必要であることはご理解いただけたと思う。
 
TCAPは、この”定義”を「ソーシャルビジネスモデル・フレームワーク」として提唱している。
ソーシャルビジネスモデルに必要とされる要素をフレームワークとして整理したもので、このフレームワークを使うことで漏れなく、かつ関係者間で共通の理解を持ってソーシャルビジネスモデルを検討することが出来る。

その上、冒頭の課題「Ⅱ.検討すべき要素は分かっているが、革新性・創造性に欠ける」に対しても有効なソリューションになり得る。
(これについては、次回以降に触れたい)
 
実は2013年にも、本誌上で「ソーシャルビジネスモデル・フレームワーク」を発表したのだが、今回はその改訂版という事になる。
・2013年発表「ソーシャルビジネスをデザインする」
TCAP’s VIEW & INSIGHTS #2 /ソーシャルビジネスをデザインする – TCAPが提唱するソーシャルビジネスモデル・フレームワーク
TCAP’s VIEW & INSIGHTS #2 /ソーシャルビジネスをデザインする – TCAP ソーシャルビジネスモデル・フレームワークを解説
TCAP’s VIEW & INSIGHTS #2 /ソーシャルビジネスをデザインする – TCAP ソーシャルビジネスモデル・フレームワークの活用方法

前回発表時とフレームワークを構成する要素が変わっているが、基本的な考え方に変更はない。
今回は、この一年余りの間にTCAP内部で検討し、ブラッシュアップされた内容を含めて述べていきたい。

次回は「ソーシャルビジネスモデル・フレームワーク」の本論に入っていく。
ソーシャルビジネスモデルを構成する要素、その使い方等の詳細に触れていきたい。
(文/五十嵐裕一)



1 2 3

Pages: 1 2 3

コメントを残す