TCAP’S VIEW&INSIGHTS #008 / ソーシャルビジネスと競争戦略 – ソーシャルビジネスは”競争”すべきか | TCAP SOCIAL BUSINESS REVIEW online

TCAP’S VIEW&INSIGHTS #008 / ソーシャルビジネスと競争戦略 – ソーシャルビジネスは”競争”すべきか

TCAP, ビジネスモデル/戦略/組織
他の記事を見る(記事一覧へ)≫

TCAP_SBR_CompetitiveStrategy_eyecatch

経営戦略の前提から疑え
ビジネスの世界では、競合に勝ちそして儲けることが戦略のゴールとされている。
 
書店のビジネス書のコーナーに置かれている経営戦略関連の書籍の多くが「競合にいかに勝つか」を様々な角度から論じている。

もちろん、競合に如何に勝つかだけでなく、ブルーオーシャン戦略に代表されるように、「競合と戦わずして勝つ」ことを提唱する人達もいるが、いずれにしても、ビジネスにおいては競合は基本的には”敵”として認識されているはずだ。”敵に対峙している”という意識がある為、オプションは「戦って勝つか」、「避けて通るか」の二択になるのだろう。(もちろん場合によっては競合と協力する戦略も取り得るが、例外的ではないだろうか)
 
しかし、ソーシャルビジネスの世界においては、この経営戦略・事業戦略の大前提から疑ってかからなければならないとTCAPは考える。
 
戦略ゴールを意識せよ
ソーシャルビジネスにおいては、一般的な営利目的のビジネスと異なり「社会問題の解決」という別のゴールを意識しなければいけない。よって、競争に勝つか負けるかとは全く異なる次元から、戦略の議論がスタートするはずだ。
 
ソーシャルビジネスの戦略における最も重要な論点の一つに「生み出す社会価値(ソーシャルインパクト)を如何に最大化するか」というものがある。生み出す社会価値が高まれば高まるほど、社会問題は解決へ向かい、社会価値創出量が社会問題のニーズ(社会的ニーズ)全てを充足するレベルまで高まれば、ついには社会問題が完全に解決することになる。
 
ソーシャルビジネスの成長とは、社会問題を解決し得るアプローチを仕組化、モデル化し(=ソーシャルビジネスモデルを構築し)、その仕組みを以てビジネスをスケールする(=社会価値を最大化する)ことに他ならない。
   
もちろんこの時に、経済価値の創出(売上や利益など)も無視してはいけない。
事業をより持続的かつ、スケーラブルなものにする為に、如何に稼ぐかの視点は依然重要な論点である。
 
つまり、社会価値最大化と経済価値創出を同時に実現するポイントを探すことが、ソーシャルビジネスにおいて最も重要なことなのだ。
    
<続きは次のページへ「ソーシャルビジネスは”競争”を無視できるか」>



1 2 3

Pages: 1 2 3

コメントを残す