TCAP’s VIEW & INSIGHTS #2 /ソーシャルビジネスをデザインする – TCAP ソーシャルビジネスモデル・フレームワークの活用方法 | TCAP SOCIAL BUSINESS REVIEW online

TCAP’s VIEW & INSIGHTS #2 /ソーシャルビジネスをデザインする – TCAP ソーシャルビジネスモデル・フレームワークの活用方法

TCAP, ビジネスモデル/戦略/組織
他の記事を見る(記事一覧へ)≫

TCAP_ブランドピクチャー_Logic_8_Strategy_パズル

ソーシャルビジネスモデル・フレームワークの活用
前回までのコラムで、ソーシャルビジネスモデル・フレームワークを構成する大きな二つの要素である、
「社会問題解決モデル」と「ビジネスモデル」について、それぞれの構成要素を説明してきた。

ざっと前回までの話の流れを整理すると以下のようになる。

■今後、社会的価値と経済的価値を同時に実現する、ソーシャルビジネスがより一層重要となる

■現状、ビジネスモデルキャンバスに代表されるように、ビジネスモデルのフレームワークが整備され始めている

■今後益々重要となるソーシャルビジネスを考えていくにあたって、ビジネスモデルのフレームワークに加え、どのような社会問題をどのように解決するか、つまり社会問題を解決する仕組み=「社会問題解決モデル」も統合して考えていく必要がある

■このような背景の元、TCAPは「社会問題解決モデル」と「ビジネスモデル」の要素を統合した、「ソーシャルビジネスモデル」「ソーシャルビジネスモデル・フレームワーク」という考え方を新たに提唱する

■TCAPが提唱するソーシャルビジネスモデル・フレームワークは、以下の様な特徴がある。
1.既存の「ビジネスモデル」のフレームワークに加えて、ソーシャルビジネスに必要な要素をMECEに考えることができる
2.革新的なアイデアを考えるプラットフォームとして、独創的かつ魅力的なアイデアを生み出すことが可能になる
3.図や絵など、わかりやすく共有できる形で表現することで、組織内、チーム内で共通認識を持つことが可能

■「社会問題解決モデル」は、以下の9つの要素から構成されている
・解決したい社会問題
・社会問題解決の対象者
・提供する社会価値
・デリバリーチャネル
・社会
・コミュニケーションチャネル
・主要な活動
・経営資源
・資金提供

■「ビジネスモデル」は、以下の5つの要素から構成されている
・顧客
・提供する顧客価値
・販売チャネル
・顧客との関係
・主要な活動

続きは次のページへ



1 2 3 4 5 6 7 8 9

Pages: 1 2 3 4 5 6 7 8 9

コメントを残す