One Acre Fund / 2020年までにアフリカの140万の農家に手を差し伸べる – 社会起業家に求められる「成長性の視点」 | TCAP SOCIAL BUSINESS REVIEW online

One Acre Fund / 2020年までにアフリカの140万の農家に手を差し伸べる – 社会起業家に求められる「成長性の視点」

未分類, 発展途上国経済・インフラ, 貧困・健康問題
他の記事を見る(記事一覧へ)≫

TCAP_ブランドピクチャー_Value_6_野菜(緑)_2

ONE Acre Fundの掲げる高い目標
種と肥料、農業の知識と技術、作物を換金する為の収穫後の知識…
ONE ACRE FUNDはこれら全てを、アフリカの小規模農家に提供している。
  
アフリカの農家は、農作物の買取価格の低さ、農業技術の低さ、農業機械の普及率の低さから、小規模農家の自立が進んでいない。アフリカ諸国の単位面積当たり生産量は、他の地域と比較すると低いと言われ、小規模農家の経済的な自立を阻む一つの要因となっている。
 
ONE ACRE FUNDはこうした小規模農家に対して必要なサポートを行う。
現時点でケニア、ルワンダ、ブルンジでサービスを展開中で、2012年12月時点で137,000件の農家にリーチしているが、2020年までに1,400,000の農家にリーチすることをビジョンとして活動している。
 
2006年の設立から2012年までの累計リーチ数(137,000)のおよそ10倍にあたる目標値を、2020年までの残り8年間で達成しようと言うのだから、かなりの速度で成長する必要がある。
 
ちなみに、フルタイムのスタッフ数も既に約1700名に達しているというから驚きだ。
 
このように、非営利組織でありながら高い目標を急成長によって達成しようとする姿勢はとても興味深い。
 
<続きは次のページへ>



1 2

Pages: 1 2

コメントを残す